鹿児島・伊集院にある小児科専門の病院です。

応急処置の仕方

1.すぐに泣き出したら、ひとまず安心。

2.安静にし、様子をみましょう。

3.こぶになったら冷たいタオル等で冷やします。

4.出血していれば上から清潔なタオル等で押さえ、止血します。

5.運動をひかえて静かに過ごしましょう。その日は入浴はひかえたほうがいいでしょう。

6.吐き気がなく、きげんがよければまずだいじょうぶ。でも、1~2日は様子をよく観察してください。

 まれに、数週間後に症状がでる場合があります。

 

1.意識がない

2.けいれんをおこした

3.手足の動きが不自然である

4.ぐったりして顔色が悪い

5.打ったところだけでなく頭全体を痛がる

6.吐く

7.眠たがる

8.名前を呼んでも反応が鈍い

9.会話がスムーズにできない

10.傷口が大きく出血が多い

11.耳・鼻から出血している など

 

◆子どもを揺さぶったり、ほほを叩いたり、大声で名前を呼んだりしてはいけません。

  小さい子どもは ひとつのことに夢中になり、目の前の危険をよけきれず、友達どうしで頭をぶつけたり、物が落ちたり、自分からぶつかったりと、いろいろなことが考えられます。

 大人が、周りの環境を安全に整えてあげることも大切です。